老後に備えて今から始められる不動産投資はどんなもの?

コインでできた道

不動産投資とは簡単なことなのか?

間取り図と模型

最近、巷でよく話題になっている不動産投資。さて、実際にはネットで調べてみると、ポイントサイトから応募してセミナーに参加したり、専門業者へ相談してうまく成約に繋がればいいことかも知れません。しかし、実際に不動産投資を始めてみると、ある程度の初期費用が発生したり、ローンを組まされたり、年収が500万円以上の上場会社や公務員が対象と限定されがちです。ではここでは投資における具体的な内容から話してみましょう。
不動産投資とは、実際に都心にあるアパートやマンション、更にはオフィスビルと言った建物を投資家が直接的に収益を得ることを言います。また、マンションを購入したときに物件の価値が上がれば、そこから差額の利益を得ることも出来ます。ここでの利点としては、FXや株価としての金融商品とは異なり、比較的にリスクの低く、長期的に安定した収入も得られ、老後の年金対策確定申告にも節税効果が得られるでしょう。
しかし、不動産投資といってもリスクは少なからず存在します。ローンを組まされたからと言って収入が安定すればいいのですが、空室が出てきたり、中によっては高額になるなどの悪質な詐欺被害も報告されています。いろんなリスクを考慮して、まずは家族や専門業者に相談するなどして、慎重に不動産投資に取り組んだ方が無難です。